交際する相手を選ぶ最良の方法

ここでは、「交際する相手を選ぶ最良の方法」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは(。・ω・)ノ゙
ご無沙汰しておりましたが、紫音です!

最近、急に寒くなってきましたが、体調崩されたりしていませんか?
インフルも流行っているようなので、気をつけてくださいねっっ。

紫音は、最近「自動車学校」に通い始めましたぁぁ!!!
まだ、学科しか受けてませんが、頑張ります(・∀・)

紫音が無事に免許とれるように、応援しててくださいね☆

・・・ていうか、過程中の「みきわめ」って何なんでしょうか??
まだ全然、システムが把握できていない紫音であります(汗)

どなたか教えてください(泣)


さて。
紫音の話はここまでとして、今日は・・・・・
「ステキな相手と付き合う最良の方法」をお伝えいたします。

というのも、さっきTVで観た、ビートたけしとかが出ている数学の深夜番組で
やっていたものが、とてもおもしろかったので、みなさんにも教えたいなぁ~と思い
書くことにしました(´∀`*)


【問題】
7人の女性と順番にお見合いします。
あなたは、お見合いの場で「交際する」「断る」かを決定しなければなりません。

いったん交際を決めたら、以後のお見合いは無しになります。
一度断った女性に後から交際を申し込むことはできません!!!

こんなとき、一番良い女性とあなたがお付き合いする確率を高くしたい場合
何人目の女性と交際を決めたら良いでしょうか???


・・・というものです。
さて、あなたはわかりますか???



答えは・・・・・
ジャジャン!!!!

【答え】
最初の2人は断り、その後は最初の2人よりも良ければ
交際を申し込む。


・・・というものです(*´Д`*)
最初の2人を観察して、そこを基準に後の女性を見ていく、というのが
最も良い方法だそうです。


ちょっと難しかったらゴメンナサイ('д` ;) 

これには、数学的な式で色々と証明できるのですが、
ハッキリ言って、式にしてもよくわからないので割愛します(笑)


簡単に言えば、7人の風俗嬢と出会うと計算するならば、
最初の2人は「基準作り」のようなものですね。ということです。


風俗デビューのとき、めっちゃ可愛くて、トークも上手で、優しい女の子に当たった場合。
「うわ~。風俗って、こんな子ばっかりいるんだ~」と思いますね。

でも、2回目に違う子に入って、
愛想無くて、あんまり可愛くなくて、プレイも雑な子だったら・・・・・

「風俗って、いろんな子がいるんだなぁ~」と思うはずです。
そして、学習していきます。


何をするにも、一番最初で決めちゃいけない!!

ってことです。
(超簡単に言えば・・・笑)


風俗嬢さんと仲良くなるのも、好きになるのも、お付き合いするのも
紫音は反対しません。むしろ、本当に好きなら大事にしてあげてほしいと思います。


ただ、風俗デビューした男性に多い「思い込み」は
最初に遊んだ嬢を「一番」だと思い込んでしまうことなんです。

はっきり言います。


風俗嬢は、いーーーーーっぱい存在します。


アイドルばりに可愛い子もたくさんいます。
素朴だけど、思いやりがあって可愛い子もたくさんいます。

逆に、顔はいいけど性格のあまり良くない子もいます。
顔が可愛くなくても、一生懸命あなたのことを想っている子もいます。


3人以上の風俗嬢を見てきた方は、それなりに見る目&冷静さがあるはずです。
ただ、初めて風俗で遊んで恋に落ちてしまった方は要注意です。

できれば、他のお店で別の女の子とも遊んでみてください。


・・・・って、紫音がすすめることじゃなけど、できたら。。。ね。

風俗嬢側としても、「色々な子を見てきたけど、その中で一番!」と思われたほうが
とってもとっても嬉しいものです!!


というわけで、少しでも参考になれば幸いです(´▽`)
では、また♪♪



紫音の恋愛講習、皆様に喜んでいただいています!!
風俗嬢を彼女にする方法

◆携帯の方はこちらから⇒風俗嬢を彼女にする方法~恋愛講習マニュアル【Love8000】



ブログの応援クリックしていただけると嬉しいです(*・ω・)
人気ブログランキングに参戦しています!!
こちらのランキングも頑張ってます(`・ω・´)ノ





トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://love8000.blog94.fc2.com/tb.php/215-60995ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。