好きな客、嫌いな客への対応の違いを見極める方法

ここでは、「好きな客、嫌いな客への対応の違いを見極める方法」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんはヾ(´▽`*)夢乃紫音です。
7月28日に発売開始となった、紫音の講習マニュアルですが・・・・、

ランキング1位

発売から1日も経たずに・・・・、

1位になりましたヽ(゚ロ゚; )ビックリ



たくさんの方に手にしていただき・・・・
本当に、ほんとうにありがとうございますっ。

一生懸命、作った甲斐があります(泣)



さてさて。
最近、ちょっと紫音の風俗マニュアルのお知らせが続いてしまったのですが、
今までどおり、メールのご相談にもお答えしていきますよ~|゚∀゚)ノ))))



今日のご質問は、
Q.気になる客、普通の客、嫌いな客の対応の違いが
表面的に出てくる行動ってどういうところが多いでしょうか??


というものです(。´∀`)ノ

---------------------------------------------------------------
携帯から失礼します。一人の風俗嬢に恋してます。

自分遅漏でして、さらに素股中もなかなかイケず、一生懸命頑張ってくれているのに、
申し訳ない気持ちに毎回なってしまっている状態です…。

そこで気になるのが、気になる相手、普通の客、嫌いな客の対応の違いが
表面的に出てくる行動ってどういうところが多いでしょうか…。

既に嫌われてたりしてたら申し訳ないですし…。

ご相談メールは他の方からも多々あり、大変かと思いますが、
余裕がありましたらお返事お待ちしています。
---------------------------------------------------------------



>気になる相手、普通の客、嫌いな客の対応の違いが表面的に出てくる行動って
どういうところが多いでしょうか…。

⇒ はい。紫音ですヾ(´▽`*)
基本的には、表面的には出さないのが風俗嬢です・・・。

でも、あえて違いを挙げるのであれば、一番分かりやすいのが「シャワーの時間」です。

ここで言うシャワーの時間、というのは、お客様と女の子が一緒に浴びている時間ではなく、
女の子が一人で浴びている時間のことです。

嫌いなお客様や、あまり好きではないお客様の場合だと、
女の子がひとりでシャワーを浴びている時間がやたらと長くなる傾向があります。

時間稼ぎというのもあるのですが、接客中に女の子がひとりになれる場所というのは
シャワールームくらいなので、その時間に「ため息」ついたりして、気持ちをリセットします(汗)

・・・・(・ω・)

普通のお客様の場合だと、サクサクっと出てきます。
好きなお客様の場合だと、終始一緒に浴びたりします。


あとは、シャワー以外で判断するとしたら・・・
コース時間の使い方なんかも、好き嫌いでわかれやすいところですね。
ありきたりではありますが・・・。


好きなお客様なら、時間いっぱいまでサービスしてくれるでしょうし
嫌いなお客様なら、ちょっと早くても帰らせちゃったりするコもいるようです(汗)


ちなみに、名刺をくれるとか、くれないとかは好き嫌いには関係ありません。
単純に女の子によって違う、ってだけです^^

↑結構、気にされる方が多いので書いておきますね。


もうひとつ挙げるとしたら、キスの内容と時間です。
嫌いなお客様にはキスすらしない子もいるくらいです。

キスは、フェラよりも好き嫌いが出やすいところなので
わかりやすいかもしれませんね。

こんな感じでどうでしょうか??
また何かありましたらメールくださいねヾ(´▽`*)


P.S
遅漏なのは、あまり気になさらなくて大丈夫ですよ^^

ただ、手とかお口でやってもらう時間を長めにして、スマタは
15分以下にしてあげるのも優しさですね☆

・・・スマタ、結構ハアハアしちゃうので(-∀-;)




あなたのクリックで、紫音ブログが広まっていきます☆
よろしくお願いいたします(`・ω・´)ノ
人気ブログランキング参加してます゚。+(=゚ω゚)ノ+。゚
そして、ブログ村にも住んでます~♪



風俗嬢を彼女にする方法

◆携帯の方はこちらから⇒風俗嬢を彼女にする方法~恋愛講習マニュアル【Love8000】


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://love8000.blog94.fc2.com/tb.php/207-cf8bba8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。